スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲノムハザード <小説>


誰が味方か!


司城司朗 著


残業で帰宅が遅くなった、イラストレーターの鳥山敏治。
家に上がるとそこには妻の死体があった。
呆然としていると、電話が鳴った。
その相手は死んだはずの妻からだ。
驚き戸惑いながらも電話を終えると、
今度は家のインターホンが鳴る・・・。
そこには背広姿の男が2人。
この男達はなにものか?
妻の死体と妻からの電話の真相は??

この本は読み進めて行くと題名と内容が繋がっていきます。
主人公の発言にはところどころに、
おや?
というところが見られます。
その疑問も徐々にはっきりして行きます。

そしてこの本の醍醐味は、
謎の女性:奥村千明にあると思います。
孤独な主人公:鳥山に力を貸してくれる人なのですが、
行動も風貌も謎に包まれています。
その謎を知るために読み進めるのも面白い。

テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

バナー

雑記
このHPで紹介されている本は、 画像をクリックしていただきますとamazonで購入することができます。  <<積読屋>>にて過去に紹介した本や関連グッズも購入できますので利用してみてください。
人気投票
人気ブログランキングへ


ご協力宜しくお願いします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

こちらもご協力をば
amazon
リンク
相互リンクも受け付けてます。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。