スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コッペリオン COPPELION<漫画>

メルトダウン??


作画:井上智徳

舞台は東京。
しかし、お台場にあった原子力発電所がメルトダウンを起こし、
放射性物質で汚染されている。
そこにコッペリオンと呼ばれる主人公:成瀬茨ら少女3人が降り立ち、残された人々の救助を行う。
廃墟となった東京で成瀬たちは何と出会い何を思うのか。
騒動に巻き込まれながらも、彼女たちの東京捜索は続く。


原発絡みの漫画みたいだったので購入してみました。
この、背景がごちゃごちゃしている感じ好きです。
近未来的な雰囲気も中々良いです。
主人公が孤独でなく仲間がいる、というのも暖かい感じ。
少し疑問なのは原発に対して何もフォローが無いところでしょうか。
これだけ原発を悪く書いてしまうと、間違った知識を読者に植え付けてしまいそうです。
例えば、原発が都心にあること。
現実世界では人口密度の高いところに原発を設置することは出来ません。
他にも色々ありますが、
作中で原発とその関係者をかなり悪く取り上げていること、
それがとても気になります。
現に、原発に関わる仕事をしている人は沢山居るわけで、
主人公が原発の悲劇とか語りだしてしまうとなんだか・・・。
この漫画を読んでやっぱり原発って危ないんだ?
って安易に考えてしまう人を出さないためにも、どこかでフォローをして欲しい。
そう思いました。

漫画は人の知識、創造力を救うものであって欲しい。

現在6巻まで出ています。

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

バナー

雑記
このHPで紹介されている本は、 画像をクリックしていただきますとamazonで購入することができます。  <<積読屋>>にて過去に紹介した本や関連グッズも購入できますので利用してみてください。
人気投票
人気ブログランキングへ


ご協力宜しくお願いします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

こちらもご協力をば
amazon
リンク
相互リンクも受け付けてます。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。