スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君たちに明日はない<小説>

人と会社って・・・


垣根涼介 著

主人公:村上真介はリストラ請負会社の社員。
そこでリストラ候補者対象の面接官をしている。
面接を通して多様な人と接し、恋が芽生えたり、友情を垣間見せたり・・・。

淡白な感じで紹介しましたが、
この話自体も結構淡白な印象は受けました。
主人公の心持からそういう感を受けたのかもしれません。
この本を買った理由は主人公の職が決めてです。
本屋で見たときはもっとドロドロの展開を予想しちゃったりしていたのですが、
意外とのほほんとしています。
とはいえ、リストラ候補者を第三者目線で評価して行く話ってのは中々魅力があると思います。

各話ごとにリストラの対象が違うので、
自分だったらどうするだろうなーとか、どう思うだろうなー等考えながら、
パラレルワールド的なものを想像して読むと面白いかなと思います。

一番気になったのは確信犯という言葉の使い方ですが・・・。
2回出てきたと思うのですが、これってどうなんだろう。。。

テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

バナー

雑記
このHPで紹介されている本は、 画像をクリックしていただきますとamazonで購入することができます。  <<積読屋>>にて過去に紹介した本や関連グッズも購入できますので利用してみてください。
人気投票
人気ブログランキングへ


ご協力宜しくお願いします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

こちらもご協力をば
amazon
リンク
相互リンクも受け付けてます。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。