スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刻刻<漫画>


間島「一瞬だったけど、ちゃんとわかった、私を見た。」



作画:堀尾 省太


兄と甥を謎の宗教団体「真純実愛会」に誘拐され、身代金を要求された主人公樹里。
しかし、犯人からの指定時間に間に合わない。
そのとき、祖父が謎の石を持ち出し止界(儀式をした人以外は止まった世界)へ。
だが、そこでは何故か動くことの出来る人たちが・・・。
真純実愛会、
異形のもの管理人、
過去に樹里と関わりのある実愛会の間島。
止まった世界の中で、様々な思惑が交錯する!

話の内容が派手すぎず、
普通のOL?とじいさんが家族を守るために戦うってところが気に入っています。
素朴さの中にも紡がれるなにか。
戦うと言っても派手なアクションとかはありません。
一話目の樹里と兄とのやりとりが人間らしくって好きです。
止界の存在を知らなかったことに拗ねる樹里のお父さんも。
登場キャラ、一人一人の想いを考えたくなる、そんな作品です。

画も好きな雰囲気です。
増刊モーニング・ツーで連載中。
現在4巻まで出ております。


Amazonレビューはこちら
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

バナー

雑記
このHPで紹介されている本は、 画像をクリックしていただきますとamazonで購入することができます。  <<積読屋>>にて過去に紹介した本や関連グッズも購入できますので利用してみてください。
人気投票
人気ブログランキングへ


ご協力宜しくお願いします。


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

こちらもご協力をば
amazon
リンク
相互リンクも受け付けてます。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。